美濃桃山陶の聖地・可児 The center of Momoyama period Mino ware
CONTACT
HOME      BACK
美濃桃山陶の聖地
The center of Momoyama period Mino ware
トピックス & NEWS
企画のご案内
随縁に集う[2件]
かに窯めぐり[3件]
発掘調査
発掘調査[6件]
美濃焼の基本作陶法[video] Basic work pottery method of Mino[video]
黄瀬戸
   「黄瀬戸」は、黄色の地に花文様などを刻み、緑や茶(鉄釉)をアクセントのようにつけた上品なやきものです。
Kiseto ware is a refined style of pottery, decorated with floral motifs, etc. that have been engraved in the body below a yellow glaze, before accents are added using green or brown (iron glaze).
(再生時間 2'00")
 
瀬戸黒
   「瀬戸黒」は漆黒の茶碗を主とします。この真っ黒な色は、窯から取り出して急冷することで生み出されました。
Setoguro ware mainly refers to tea bowls with a jet-black glaze. This black is achieved by removing the work from the kiln mid-firing and cooling it rapidly.
(再生時間 1'59")
 
志野
   「志野」は、真っ白な肌(長石釉)に鉄釉で下絵を描いたものです。日本のやきもので絹のような白い釉薬をかけたのは、「志野」が初めてです。これに筆によって自由に下絵を描いたのです。
Shino ware employs a pure white feldspar glaze with an underglaze motif applied using iron oxide. Shino ware was the first pottery in Japan to employ a pure white glaze, resembling silk. The freehand motifs were applied using a brush.
(再生時間 2'01")
 
織部
   「織部」は、新たに緑色などを加えたやきものです。「黄瀬戸」以来のすべての色彩を総合し、京の都で流行る文様をも巧みに取り入れました。
Oribe ware introduced a green glaze to the decoration. It combined all the colors employed after Kiseto, while skillfully adding the patterns that were popular in Kyōto at the time.
(再生時間 2'04")
 
協力:可児陶芸協会
美濃の窯
 ・美濃の窯
 ・窖窯
 ・大窯
 ・連房式登窯
美濃桃山陶
 ・美濃桃山陶
 ・黄瀬戸
 ・瀬戸黒
 ・志野
 ・織部
 ・可児市収蔵品
戦国武将と茶陶
 ・織田信長の名物狩りと茶の湯御政道
 ・美濃金山城主森家と茶の湯
 ・豊臣秀吉と北野大茶湯
 ・千利休と戦国武将
 ・古田織部と茶陶
ご案内
 ・トピックス & NEWS
 ・企画のご案内
    ◆随縁に集う[2件]
    ◆かに窯めぐり[3件]
VIDEO
 ・美濃焼の基本作陶法
 ・美濃桃山陶動画
作陶家
 ・荒川豊蔵
 ・加藤孝造
 ・可児市の作陶家
関連情報
 ・荒川豊蔵資料館(リンク)
 ・可児郷土歴史館(リンク)
 ・旧荒川豊蔵邸周辺(リンク)
 ・可児市公式ホームページ
  
可児市  所在地/〒509-0224  岐阜県可児市広見一丁目1番地 電話 0574-62-1111(代表)
Copyright: Gifu kani City All Rights Reserved. 本ウェブサイト上の文章・画像等の無断使用・転載を禁止します。